子供の矯正

よくある質問

地図

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺
本町1-11-26-2F
「吉祥寺駅」北口より
徒歩3分

MAPを見る

子供の歯並びが気になり、将来を考えるといずれ治療を受けさせたい

いつから矯正治療を始めるのが良いのか…

小児矯正

子供の矯正治療を行う際には、顎の成長を利用することが出来るか否かがとても重要なこととなります。

そのため成長期を通して中長期的な観察をしていく中で、必要な時期にシンプルな治療が必要となります。治療開始に最適な時期は患者さまごとに異なります。

子供の矯正の重要性とメリット

子供の歯並びは成長にともなって変化していきます。
永久歯と乳歯が混在する状態ですでに乱れが目につくようであれば、矯正治療(小児矯正)を考えた方が良い場合があります。
矯正治療は子供でも大人でも受けられますが、子供のうちに治療を受けることでいくつかのメリットがあります。

たとえば、大人の矯正治療では顎の成長が終わっているため、歯並びを整えるために抜歯が必要となることがあります。
ちょうど10人がけの椅子にお相撲さんが10人座ろうとしている状態です。
椅子が大きくならないのであれが、座る人数を調整しなければいけません。
ところが子供のときに矯正を始めることによって、椅子の大きさをある程度コントロールすることができ、将来的に抜歯せずに矯正できる可能性を高めることができます。

診療風景

また将来の抜歯非抜歯にかかわらず、上下の顎の関係を整えておくことができていれば、永久歯を本格的に矯正する際の治療期間を短縮することにつながります。
顎の正しい成長を促し、骨格のバランスを整えることで、整った顔つきをつくる一助となります。